toggle
2019-03-23

金星は愛の星②

恋愛のチャートでは金星はとても重要な役割を担っています。

恋愛の質問を頂くとチャートの中に置かれた金星とにらめっこします。

それは愛情の指針だったり、恋する女性だったり、結婚そのものだったり。

恋する女性はお相手の男性の気持ちが気になると思いますが、そんな時も

金星が頼りになります。

観察するのは金星だけではありませんが、目を皿のようにしてチャートを見て、

二人が両想いだとわかると私も嬉しくなってしまいます。

両想いだからと言って二人の関係が進展するとは限らないのですが。

ホラリー占星術では基本7つの惑星でこの世のすべてを表現します。

土星・木星・火星・太陽・金星・水星・月の7つで、ひとつひとつの惑星に

役割が割り振られています。

7つの惑星は擬人化され、チャートの中で登場人物を演じます。

金星は女性の役割を与えられていますが、チャート上ではよく男性として

表されることがありますのでややこしいです。

恋愛のチャートを観察してると愛するより愛されたいのかなと思います。

KinKi Kidsが「愛されるよりも 愛したい」という男性目線の歌を

歌ってましたが、そんな男気ある男性を女性は待ち望んでいる気がします。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です