toggle
2018-12-26

吉星(ベネフィック)と凶星(マレフィック)

西洋占星術では7つの惑星を用いて占います。

土星・木星・火星・太陽・金星・水星・月の7つの惑星です。

それぞれの惑星には与えられた役割や特徴があります。

吉星(ベネフィック)と言われる惑星は木星と金星。

木星は財産の星とも呼ばれ、天からの恵みの雨は木星で表されます。

金星は愛の星です。また楽しいこと嬉しいことは金星の担当です。

凶星(マレフィック)と言われる惑星が土星と火星です。

土星は正義の星です。正義と聞くとかっこいいですが、土星の正義とは

私が正しいとする正義です。

火星は別れや争いの星です。

吉星と凶星では天と地ほどの差がありそうに見えます。吉星はともかく、

凶星呼ばわりされる土星と火星が少し可哀そうでもあります。

例え凶星であっても、チャートの中でよい場所にいればその悪さは

和らぎます。

土星といえば「花より男子」でつくしが道明寺から土星のネックレスを

プレゼントされたのを思い出します。あのネックレス私も欲しかったなあ。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です