toggle
2018-05-14

惑星の並び

西洋占星術で使われる7つの惑星は

土星・木星・火星・太陽・金星・水星・月

です。

この並びは惑星の動きの遅い順になっていて、カルディアンオーダーと呼ばれる西洋占星術の定理のひとつです。

カレンダーの基礎になっています。

それぞれの惑星は各曜日を支配します。

土星(土曜日)木星(木曜日)火星(火曜日)太陽(日曜日)金星(金曜日)水星(水曜日)(月曜日)

あれ?「日・月・火・水・木・金・土」の順番ではないですよね。

7つの惑星は各曜日と各時間(24時間)も支配してます。

曜日と時間の組み合わせで一週間の惑星の並びが決まります。

難しいです。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です