toggle
2020-12-12

今年の出来事

今年はマスクを売るほど作りました。

 

年の瀬も迫ると今年1年を振り返ってみたり、また来年はどんな1年に

なるのだろうかと考えます。

去年の今頃私は、「来年はどんな年になりますか?」と占っています。

ホラリーで占うこともある程度出来ますし、他に占う方法はたくさんあるでしょう。

今年も占って来年末に自己検証しようと考えています。

 

今月の22日に木星と土星のグレートコンジャンクションが水瓶のサインで起こります。

22日の午前1時過ぎに木星と土星が水瓶のサインで重なります。

水瓶は風のサインだからか、風の時代の始まりだと言われているそうです。前回の

木星と土星のグレートコンジャンクションは土のサインで起こりました。

土の時代から風の時代へ変わる大きな転換期と捉える人が多いようです。

風の時代ってどんな時代なのでしょう。

ただ季節の変わり目のようなものとして考えると、季節は行きつ戻りつ進むので

この日から春だとかこの月から夏だとは言えないと思うのです。

そう考えると私は大きな時代の狭間で生きているのかもしれないですね。

この木星と土星のコンジャンクションがこれからの時代を生きる人にどのように

関わってくるのかが気になります。

リセプションを考えると悪くないアスペクトに見えます。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です