toggle
2019-12-16

冬の朝


Mylene2401によるPixabayからの画像

今朝は霜が降りました。

新潟の冬は鉛色の空模様が多いので、朝からお日様が出ていると幸せな気持ちになり、

俄然年末の掃除にもやる気が出てきます。

冬の朝で思い出すのは、清少納言が枕草子で「冬は朝がいい」と書いているくだり、

… 冬はつとめて

雪の降りたるは 言ふべきにもあらず 霜のいと白きも またさらでもいと寒きに

火など急ぎおこして 炭持て渡るも いとつきづきし …

現代風に私が訳すと、

「冬ってなんかいいよね。雪が降るのもちょっと素敵だし、霜が朝日に白く光って

みえるのがまた綺麗だし、雪や霜がなくても寒いときに暖房を入れるのが冬の朝

の楽しみ」

清少納言が冬の朝の情景を素敵と言える感覚がうらやましいです。

新潟に住んでいると冬はとっても嫌な季節です。毎日のように曇っていて、雪は

降っては積ります。朝起きたら登校・出勤前に除雪して、帰宅後また除雪する

という作業が待っています。

今年は暖冬らしいのですが、地球の温暖化を考えると手放しで喜ぶことも出来ず。

それでも今日は青空に輝く太陽から力をもらって、掃除洗濯に励みます。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です